求道学舎の見学

先日、建築計画特論の授業で、求道学舎を見学させて頂きました。

求道学舎は、建築家武田五一さんの設計により建てられた学生寮をコーポラティブ方式により連結して住宅に改造した、日本で最も古いリノベーションマンションです。

樹齢70年以上の木に囲まれ、静かにたたずんでいる求道学舎は、
ヨーロッパの都市を思わせる雰囲気を持つホテルのような外観が特徴的です。
また、所々にアーチ型の開口部が施され、建物の歴史を感じさせるデザインです。

 

また、会館の方も見学させて頂きましたが、
歴史ある雰囲気は今も残っていました。
ここでは普段、コンサートなどの行事が行われます。(田原)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

17 − six =